Generous, honest, prospective

遠隔気功によって自然治癒力を高める試み

Uncategorized Feb 04, 2019
 

こんにちは。

札幌のまさワークスの高田大(まさひろ)です。

タイトルにあるとおり、先週のウィークエンドヒーリングでは新たな気功技術に挑戦しました。

これは、概ね成功したのではないかと思っています。

大周天やクンダリーニなどもそうですが、本来であれば呼吸法や瞑想にて獲得するような技術が、気功というツールを使って(もちろんうまくいけばですがw)操作が可能になります。

ただし、気功技術を作る僕自身は時間とコストをかけていますし、これらの技術を伝授するときにはもちろんアルゴリズムなどのからくりの定時や操作方法をつたえます。

さて、今回のフィードバックを見てみましょう。

(引用開始)

まささんへ
 
昨夜のウィークエンドヒーリングありがとうございました。
 
FBです。
 
筋肉トレの疲労と牛肉ステーキで胸やけしたせいか、
久しぶりに12時間ぐらい寝込んでしまいました。
 
8時間耐久気の玉下丹田封入ワーク以来です。
 
おかげさまで疲れは取れましたが、起きてから体にビリビリとした感じが今でも流れてるのが不思議です。
 
そこからまた筋トレをしたのですが、いつもよりセット数と重量と種目を増やしてワークアウトをすることができました。
 
最近、毎日のようにワークアウトしていたのですが、
先人のいうように日数は減らしたほうがいい気がしてきました。
 
気功を学んだり、ヒーリングを受けたりしていたら
肉類を食べるのが駄目になってきましたね。
野菜類がメインになったのが、以前では考えられない変化です。
 
ありがとうございます。
 
(引用終了)
 
ビデオでも説明をしていますが、それ以外の部分を説明します。
 
僕らが一番大事なものと言えば、呼吸があげられると思います。
 
例えば1日くらいなら水や食べ物がなくても余裕で(余裕じゃないかw)過ごせますが、呼吸をしないでとなると数分で窒息して、生き絶えてしまいますね。
 
健康的に生きていくために必要なものを栄養とするのであれば、食べ物や飲み物だけが栄養ではありません。
 
もちろん、水が必要ですし、何よりも空気(酸素)が必要なわけです。
 
そして、日光も例えばメラトニン生成などには大事な役割を果たしています。(何より、光がなければ僕らはあらゆることが制限されますし、生きていけても面白くないと思うのですが、、、。真面目にいっても酸素を作るための植物が光合成ができなくなって生き絶えてしまいます。)

つまり、呼吸が大事です。

呼吸は僕らにとって、生死を握るバイタルなものだということです。

呼吸で酸素をとりいれるときに、活躍してくれるのがミトコンドリアです。

そして、その呼吸をコントロールすることが、 ミトコンドリアの活性化つまり僕らのパワーアップにも繋がる訳です。

この呼吸をつかって、ミトコンドリアを最大限に活性化させることによって息を止めたまま腕立て伏せを50回もできるようになったりするメソッドもあります。

まとめると今回は、ビデオの中で説明している褐色細胞を増やしたり、それ以外にも白血球、テストステロンや成長ホルモンを増やすメソッドの研究から、それらを統合して自律神経を操作するための技術を使った遠隔気功だったのです。

今後、アンチエイジング(成長ホルモン)や、アスリート(テストステロンやミトコンドリア活性)、ヒーリング(白血球増加)のための技術へと分化させて発表していきたいと思っています。

 

お楽しみに!

 

まさ^^/

Close

50% Complete

はい!私は、まさワークスの
メルマガ受信を希望します。